2008年11月24日

♪愛あるところへ

aiarui01.jpg


 ♪愛あるところへ 
 冬には冬の温もり 夏には夏の哀しさ 言葉を超えて二人で感じるもの
 愛あるところへ飛んでいきたい
        .....すてきな詞です

1979年(S54)の “Three&Twe
二人がThreeとともに自分たちの音楽を思いのまゝに創っていた頃の力作アルバム
この曲はいつもイントロからぐぐっと惹きつけられます
軽いタッチの淡々としたメロディとイントロ・間奏の重みとのバランスの良さ...かな
就職したてのまだ若い頃... 
このうたを聴きながら まだ見ぬ“”に憧れていたものです(⌒_⌒)



                ♪愛あるところへ
             詞・曲 小田和正 1979年(S54)  

     
     耳を塞いで
     目を閉じてたら  そこから逃げられない
                 君はまだ あの夏の中
 
                 出ておいでその部屋から 
                 青い空が目にしみる


                           秋から冬へ季節は動いてる

春から夏へ ...
春から夏へ 光が輝きを増していく
秋から冬へ 空が高く突き抜けていく
冬から春へ 風が静かに優しく流れていく
夏から秋へ 雲が幾つも幾つも重なっていく
春・夏・秋・冬 時はずっと流れ続けている
春・夏・秋・冬 季節はずっと回り続けている


aiarui02.jpg


         
         数え切れない思い出も 君を抱き止めないさ
         やがて...ひとりでに心は


         
         に誘われて...を飛び立つ...



君に...
君に見て欲しい  突き抜ける青い空を
君に感じて欲しい 頬を撫でていく風を 
君に眺めて欲しい 浮かんでは消えていく雲を
君に触れて欲しい 鮮やかで眩しい朝の光を
君に気づいて欲しい 流れる時を..流れる季節を
君に知って欲しい  変わらない二人の愛を


aiarui03.jpg


     
     もうそれ以上喋らないで 
     あの頃のことなんて        冬には冬の温もり
     また明日が遠ざかる       夏には夏の哀しさ
                          言葉を超えて二人で感じるもの


          
          涙で終わるあの日々を 
          繰り返し 繰り返し それでもまた心は...


          
          見知らぬ愛を....信じるまゝに...



冬には冬の...
冬には冬の温もり
夏には夏の哀しさ
秋には秋の寂しさ 
春には春の優しさ
それは二人が...
二人がいつも感じていくもの
二人がいつも信じていくもの
二人がいつも育てていくもの
二人がいつも守っていくもの


aiarui04.jpg


         
         愛あるところへ...辿り着くまで...



愛あるところへ...
愛あるところへ 君を連れて
愛あるところへ 二人で飛んで行きたい
愛あるところへ 君を連れて
愛あるところへ 二人で辿り着きたい
愛あるところへ 二人で...


aiarui07.jpg






         
         愛あるところへ...飛んで行きたい...




















aiarui06.jpg
OFFCOURSE 7thAlbum
♪思いのままに  ♪恋を抱きしめよう  ♪その時はじめて
♪歴史は夜つくられる  ♪愛を止めないで
♪SAVE THE LOVE  ♪汐風のなかで
愛あるところへ  ♪生まれ来る子供たちのために
♪いつもいつも








posted by Meg at 15:45| 福島 ☁| Comment(2) | 音楽 / オフコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Megさん、こんばんは。

お久しぶりです!

この曲の出だしの小田さんの声はとても初々しい若さがありますよね。
高いキーからサビは低い音域というのもちょっと新鮮で私も好きな曲の一つです^^

さて、小田さんのドームツアーもいよいよ東京公演を終えて、次は名古屋、
そして、私が待っている大阪へと続きます。

今日は是非、Megさんにご紹介してみたいなと思った
東京ドームコンサートに参加された一般の方のブログがあります。
http://www.satonao.com/archives/2008/11/post_2447.html
この方にとっての小田さんはあくまでヤスさんとのオフコースだったようですが、
それ以来、実に何年かぶりに小田さんを見に行った感想がとても興味深かったです。
「かつての透明で繊細だった小田さんの変わりよう」の部分が面白い(笑)
お暇があれば、是非読んでみてくださいね。

では、そちらはもう随分寒くなっているでしょうからどうかお風邪など引きませんように。
Posted by めぐ at 2008年11月30日 21:06
こんばんわ めぐさん。   WWW.さとなお.com?
聞き覚えのあるサイト名だったんでしばらく考えていたら、
4年前にFAIRWAYの♪夏の終りのログの末尾に紹介したサイトでした(笑)
http://cocoforefairway.seesaa.net/article/769907.html
>“カトンボ”みたいな歌うたってんじゃねぇ〜!
って拒否感を抱いた最初のオフコース・小田さんとの出会いや
>オフコースのウェットさ小田さんの嫉妬深さ、
>時が過ぎゆくことの愛しさを描く小田さんの歌詞....
そんな出会いをした“さとなお”さんが30年?のブランクを経て
小田さんのステージを見てぶっ飛んだ感想、面白く読みました。
....ホントは彼のブログに書くべきなんでしょうが(笑)

彼の感想ログの最後に、
>おかげで東京ドームの満場の拍手を体感できた。
>感想は…、意外とすごくない。そっか、これが5万人の拍手か、と、
>脳味噌は感動しようとするのだけど、意外と拍手が遠いんだよな。
>なるほどこんなもんなのね。
僕もドームやアリーナ級のステージでは見たことがありませんので
よくわかりませんが、みんなの拍手とステージがとても近く、
二人のブレスが聞こえるくらいの、かつて学生時代に何度か行った
あのオフコースのステージがふと懐かしくなりました(⌒_⌒)
Posted by Meg at 2008年12月02日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。