2007年11月11日

♪言葉と心

betwin01.jpg

見えないところで傷ついて ひとりで涙を流さないで
すべて あなたの言葉にして伝えて そのままを...


ときどき...
君は不安そうに遠くを見つめる
君は悲しそうに空を見上げている
君は涙を浮かべて海を見つめてる
君は唇を噛んで風を受けている
どうしてなの...
僕には君の想いが分からない
だから...
もっと伝えて
もっと僕に伝えて
君の言葉を僕に伝えて
君の心を僕に伝えて
君の心のかたちを僕に伝えて
君のそばに僕がいるんだから
君をもっと近くに感じていたいから





                between the word & heart 
                     〜言葉と心〜
               詞・曲 小田和正 1988年(S63)

     
     時々遠くを見つめる 
     不安そうなあなたの横顔
  
  
             言葉と心の間 それは君しか分らない

                              見えないところで傷ついて 
                              ひとりで涙を流さないで


             すべてあなたの言葉にして 
             伝えて そのまま 
             ためらわないで

                         あなたの心のかたち 
                         近くに感じていたいから

こんなに...
こんな近くに僕がいるのに
見えないところで泣かないで
見えないところで苦しまないで
見えないところで悲しまないで
見えないところで傷つかないで
見えないところであきらめないで


betwin02.jpg


     
     見えないところで傷ついて 
     ひとりで涙を 流さないで

                        すべてあなたの言葉にして
                        伝えてそのまま ためらわないで


だって...
君のどんなに小さな事でも
君のどんなに小さな声でも
君のとんなに小さな涙でも
君のどんなに小さな悩みでも
僕がいつもみているから
僕がいつもきいているから
僕がいつもうけとめるから
僕がいつも...


               どんなに小さな声でも 

               きっと いつも きいてるから

               いつも きいてるから...


betwin03.jpg



だから...
すべて君の言葉にして
君のその心のかたちを
もっともっと僕に伝えて
もっと...














もっと...僕に...伝えて...




















betwin04.jpg

























hokori05.jpg
♪A SONG OF MEMORIES   ♪僕の贈りもの   ♪静かな夜
♪アイ・ミス・ユー   ♪一枚の写真    ♪誇れるのはたゞ
♪in the city   ♪between the word & the heart〜言葉と心〜
♪ためらわない,迷わない





■BETWEEN THE WORD & THE HEART (アルバム)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BETWEEN THE WORD & THE HEART   小田和正 の アルバム
リリース 1988年3月5日 ジャンル J-POP  時間 36分22秒
レーベル ファンハウス  プロデュース 小田和正
最高順位3位、累計売上12万枚(オリコン)
小田和正 年表
(1986年) K.ODA
(1988年) BETWEEN THE WORD & THE HEART
(1988年) Far East Cafe
BETWEEN THE WORD & THE HEARTは、
1988年3月5日にシングル『僕の贈りもの』と同時にリリースされた、
小田和正がオフコース在籍時に製作した2枚目のソロアルバム。
発売元はファンハウス。
解説
前作『K.ODA』同様、ミキサーにビル・シュネーを迎えて製作された。
ドラムスは大間ジロー、ギターはダン・ハフ、シンセサイザーは望月秀樹。
列記した曲以外にも、よしだたくろうの『今日までそして明日から』が
アルバム収録曲の候補に挙がっていたとインタビューで語っている。
小田自身の発言によれば、このアルバムはビル・シュネーが
小田に借金を申し込んだことがきっかけで作成されたらしい。
「借金を返すためにアルバムを作ろう」と思ったとも語っている。
収録曲
♪a song of memories 
 英語で歌う曲。出だしはモノラルで、サビでステレオに切り替わる。
♪僕の贈りもの  
 2ndソロシングル。小田自身が一番気に入っている曲であり、
 コンサートのアンコールによく歌われるなど、ファンにとってなじみ深い曲である。
 オフコース名義の楽曲であるため、厳密にはセルフカヴァーとなる。
 独特の編曲も手伝って、ファンに新鮮な印象を残した。
♪静かな夜
 コーラスに、親交の深い元ハイ・ファイ・セットの山本潤子を迎えた楽曲。
♪I miss you
♪一枚の写真
 「静かな夜」と同じく、コーラスに山本潤子が参加している。
♪誇れるのはたゞ
♪in the city
♪between the word & the heart 〜言葉と心〜
 テレビ朝日系列『渡辺篤史の建もの探訪』のテーマ曲として広く親しまれている。
 現在では『世界一受けたい授業』 (日本テレビ)において
 生き物特集をするときのBGMとしても用いられている。
♪ためらわない、迷わない
♪moon river
 映画『ティファニーで朝食を』でオードリー・ヘプバーンが歌い、
 1961年のアカデミー賞アカデミーオリジナル主題歌賞を獲得した、
 有名な曲のカヴァー。
posted by Meg at 15:26| 福島 ☔| Comment(2) | 音楽 / 小田和正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、Megさん。

「もしも何かあっても、このアルバムだけは持って行こう」って思ったアルバムですね。そのくらい思い入れがありました。個人的な思い入れと言うよりも、小田さんが「オフコース」を離れて、自身の内面を綴る小説を紐解いたような気持になったから、かもしれません。

それにしても、この椅子に座る写真は絵になっていますねー!小田さんの数々のアルバムのなかでも、ここまでフォトジェニックな写真は数少ないのでは、と思います。この頃の小田さんは、何だかとても色っぽいです。小田さんは美少年から、あるとき突然おじいちゃんになったなんて言う人もありますが、いやいや途中のプロセスも格好良かったです(笑)

今度、この写真の雰囲気を真似した写真を撮って貰おうかな♪(*^^*)

Posted by めぐ at 2007年11月13日 22:41
こんばんわ〜 めぐさん(⌒_⌒)
めぐさんの大切なアルバムのこの素敵な曲に
レスをいただきましてどうもありがとうございます。
〜言葉と心〜すべてあなたの言葉にして伝えてそのまゝ... 
短い曲ですが、このアルバムの主題でもあり、とても意味深い曲ですね。
今も変わらぬ小田さんの思いが、このうたからもよく伝わってきます。
>自身の内面を綴る小説を紐解いたような気持
そのとおりですね。 小田さんが、自分自身の道を、
ソロとしての新たな道の出発を決断しようとしていた時期
そんな小田さんの41歳の頃の写真ですね。
これまで、小田さんのかわいい(笑)学生時代の頃、
二人のオフコースの長髪の頃、パーマをかけてた頃、
短くしだしたオフコースバンドの頃、
そして、この写真の頃やソロの頃から今までと...
着実にプロセスし続けてきた小田さんの姿をずっと見てきましたが、
この写真からは、まさに“大人の小田和正”そのものが感じ取れます。
とてもいい写真ですね。
>今度、この写真の雰囲気を真似した写真を撮って貰おうかな♪(*^^*)
めぐさんのプロセスがその写真にどんなふうに醸し出されるか楽しみですね(⌒_⌒)
Posted by Meg at 2007年11月17日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。